• <xmp id="wo8ie"><xmp id="wo8ie">
  • <bdo id="wo8ie"><menu id="wo8ie"></menu></bdo>
    <div id="wo8ie"><samp id="wo8ie"></samp></div>
    <code id="wo8ie"><nav id="wo8ie"></nav></code>
  • <menu id="wo8ie"><samp id="wo8ie"></samp></menu>

    Past50Years,Next50Years

    これまでの50年を基に、これからの50年を創る

    1971年の創業以來、「見えないものを見えるようにしたい」?見えたものを認識できるようにしたい?「眼に関する優れた機器を作りたい」という想いのもと、醫療、眼鏡機器、コーティングの3つの分野に事業を展開してきました。人々のQOV(Quality of Vision:視覚の質)? QOL(Quality of Life:生活の質)維持に貢獻できるよう、醫療機器に攜わるメーカーとして、さらなる技術革新を推し進め、皆さまの要望に葉うソリューションをご提供し続けます。

    ニデック創業までの歩み

    1953

    興服産業(現 興和)での経験 寫真

    興服産業(現 興和)での経験

    創業者である小澤秀雄(初代代表取締役社長)は、1953年4月に興服産業に入社し、愛知県蒲郡市にあった光學機器部門に在籍しました。

    1957

    入社5年目の秋、米國留學 寫真

    入社5年目の秋、米國留學

    映寫機用レンズの功績が認められ、米國に留學させてもらうことになりました。光學分野で世界最先端にあった米ロチェスター大學に入學し、レンズ設計を一から學び直しました。このとき、小澤は人間の眼の構造に深い関心を抱くようになりました。

    1957

    米國ロチェスター大學での出會い 寫真

    米國ロチェスター大學での出會い

    米ロチェスター大學で、光學と電子工學を組み合わせた「オプトエレクトロニクス」を初めて知りました。當時の日本の光學メーカーは、レンズを磨いて解像度を競っていました?!鸽娮庸Wを組み合わせれば、他社と違いが出せる。將來獨立することがあれば、オプトエレクトロニクスを基にして事業展開しよう」と心に決めました。(寫真右:小澤)

    ニデックの50年の歴史

    「目」に特化し、世界に挑戦

    1971

    株式會社ニデック誕生 寫真 株式會社ニデック誕生 寫真
    株式會社ニデック誕生

    「光學とエレクトロニクスの融合により眼科醫療の発展に貢獻したい」
    こう考えた小澤は、1971年7月、社員7名の會社を立ち上げました。
    「光學と電子工學の交點に新技術あり」と信じ、眼科醫療分野でトップメーカーになることを誓って第一歩を踏み出しました。

    1971

    アナモフィックレンズ製作 寫真 アナモフィックレンズ製作 寫真
    アナモフィックレンズ製作

    映畫撮影レンズ関係を取り扱うナック社からの受注。このレンズはその後、米國の映畫「ジーザス?クライスト?スーパースター」の撮影に使用され、アカデミー賞の科學技術部門(現:アカデミー科學技術賞)にノミネートされました。

    1974

    コート部創設 寫真 コート部創設 寫真
    コート部創設

    眼科醫療分野とは別にコート部を創設し、眼鏡レンズのマルチコートを開始しました。

    1980

    國産初のオートレフラクトメータ「AR-2000」発売 寫真
    國産初のオートレフラクトメータ
    「AR-2000」発売

    1980年、オートレフラクトメータ(他覚式自動屈折度測定器)「AR-2000」の開発に成功。眼鏡を作る際に目の屈折度を測るもので、従來は數十分かかっていた検査が1秒ほどでできる畫期的な裝置でした。

    眼內レンズ、視力矯正裝置で躍進

    1990

    本社工場內にて眼內レンズの生産開始 寫真
    本社工場內にて眼內レンズの生産開始

    眼內レンズとは、白內障で混濁した水晶體の代わりとなる人工レンズです。
    白內障は、世界の失明原因の約50%を占めています。濁った水晶體を手術によって取り除いた後、取り除かれた水晶體の代わりに眼內レンズを挿入します。

    1992

    本社工場內にて眼內レンズの生産開始 寫真
    エキシマレーザー角膜屈折矯正裝置
    「EC-5000」発売

    ニデック躍進の原動力になったのが、1992年に発売したエキシマレーザー角膜矯正裝置「EC-5000」です。角膜の表面をレーザーで削り屈折力を変え、近視、遠視、亂視を矯正します。

    「目」から「身體全體」へ
    21世紀に新たな挑戦

    1996

    新たな事業ドメイン”Eye&Health Care”を発表 寫真
    新たな事業ドメイン
    “Eye&Health Care”を発表

    創業25周年を迎えた1996年、事業領域を拡大し、“目”だけでなく“身體全體”に関わるようになりました。1999年には、再生醫療分野における國內初の企業として「株式會社ジャパンティッシュエンジニアリング(J-TEC)」を設立しました。
    新しい事業領域には、ニデックが人類の健康維持に攜わり、平均壽命を延ばし、健康で快適な生活を提供したい、との想いを込めています。

    2001

    人工視覚の開発に著手 寫真 人工視覚の開発に著手 寫真
    人工視覚の開発に著手

    人工視覚の開発は、創業時からの夢であり、目標です。失明者の視覚系の網膜神経細胞を電気刺激することで創出される複數の光點を畫像として認識させて視覚を再建する、インプラント型醫療機器を目指しています。 READ MORE

    2004

    小澤秀雄會長が旭日綬章を受賞 寫真 小澤秀雄會長が旭日綬章を受賞 寫真
    小澤秀雄會長が旭日綬章を受賞

    2004年春の敘勲において、「旭日小綬章」を受章しました。祝賀會には當時の蒲郡市長や名古屋大學大學院教授をはじめ、全國から約230名の皆さまにお集まりいただきました。

    2005

    人工視覚の試作機を展示 寫真 人工視覚の試作機を展示 寫真
    人工視覚の試作機を展示

    2005年愛知萬博「愛?地球博」NEDOパビリオンにて、試作機を展示しました。

    2008

    QOVとQOLに貢獻する企業へ 寫真 QOVとQOLに貢獻する企業へ 寫真
    QOVとQOLに貢獻する企業へ

    2008年6月、代表取締役會長に小澤秀雄が就任し、代表取締役社長に小澤素生が就任しました。高度情報化、高齢化が進む中、弊社が社會において果たすべき役割も益々大きくなると考え、設立時の想いを大切にし、健康分野への貢獻を通して成長してまいります。

    ご挨拶

    代表 寫真

    1996年、事業領域を目だけでなく身體全體に拡げました。近年は「目で培った技術を基に、
    健康で快適な生活を提供したい」という想いを込め、疾病の予防や早期発見を目的とした
    診斷機器、體に負擔の少ない低侵襲な手術裝置の開発、更には再生醫療やアンチエイジング?
    健康ケア商品を手掛けています。
    ニデックは2021年8月に50周年を迎えます。これからも、目と身體
    〔Eye & Health Care〕のリーディングカンパニーを目指し、
    世界中の人々に健康で快適な生活に役立つソリューションを提供し、
    存在意義のある企業であり続けるために全力で
    事業に取り組んで參ります。

    New
    Visual Identity

    カラー

    シンボルマークの鮮やかな青色「ニデックブルー」は、ニデックが進むべき世界市場(大海)を表現しています。

    未來に向けて

    COMING SOON...

    全黄激性性视频_韩国18禁漫画免费观看_欧美a级v片_57pao强力打造高清免费