• <xmp id="wo8ie"><xmp id="wo8ie">
  • <bdo id="wo8ie"><menu id="wo8ie"></menu></bdo>
    <div id="wo8ie"><samp id="wo8ie"></samp></div>
    <code id="wo8ie"><nav id="wo8ie"></nav></code>
  • <menu id="wo8ie"><samp id="wo8ie"></samp></menu>

    Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

    1. ホーム
    2. > CSR
    3. > 環境への取り組み

    CSR

    環境への取り組み

    「環境方針」を定め、環境への取り組みを継続的におこなっています。また、廃棄物削減、省エネルギー化を推進しながら、環境へ配慮した製品開発に取り組んでいます。

    環境方針

    當社は、Eye & Health Care の擔い手として醫療機器等の製造、販売及びサービス活動を展開している。企業の社會的責任と持続可能な地球環境保全の重要性を認識し、循環型社會形成に寄與する改善活動を継続的に行なうものとする。

    1. 事業活動に伴う環境側面が環境に與える影響を的確に捉え、環境目的及び目標を定めて全従業員で取組み、汚染の予防、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和と対応、生物多様性及び生態系の保護を推進する。なお、環境目的及び目標は定期的に見直し、必要に応じて改訂することにより、環境パフォーマンスの継続的な改善を図る。 また、環境に関する法律、規制、條例、自主規制等を順守し、利害関係者の意見を尊重する。
    2. 事業活動、製品の製造及びサービスが環境に與える影響を考慮し、特に次に示す事項について重點的な環境保全活動を推進する。
      1. 製品の環境調和
        主力製品から、有害物質の排除を促進するとともに、グリーン調達を推進する。
        また、原材料の調達?生成から製品の廃棄処理に至るまでの環境影響について考慮し、環境配慮型の製品を提供する。
      2. 省エネルギー
        エネルギー消費の少ない製品設計及び生産プロセスの導入等により、省エネルギーを推進する。
      3. 廃棄物削減?省資源
        資源の有効利用を図るとともに、3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進することにより廃棄物の総排出量の削減を図る。また、ゼロ?エミッションを推進する。
      4. 環境社會貢獻
        CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社會的責任)の観點から、環境情報の公開と、地域?社會とのコミュニケーションを通じて、環境保全に貢獻する。
      5. 化學物質の適正管理
        大気汚染、水質汚濁、土壌汚染等の防止に努めるとともに、人の健康及び生物との共存の観點から化學物質の適正な管理を推進する。
      6. フロン類の排出抑制
        業務用の冷蔵?冷凍?空調機等を適正に管理(フロン類の漏れ防止?廃棄管理、低GWP*?ノンフロンなどのグリーン冷媒使用推進等)することにより、オゾン層の保護、地球溫暖化の防止及び溫暖化に伴う気候変動を緩和する。*GWP:Global Warming Potential:地球溫暖化係數
      7. 事業継続計畫(BCP:Business Continuity Plan)
        BCPにより、想定される気候変動による災害などの緊急事態が発生した時の損害を最小限に抑え、事業の継続や復舊を図るための対応をする。
    3. 環境教育、社內広報活動等により全従業員に環境方針の理解及び持続可能な地球環境保全に対する意識の向上を図る。また、関連會社に対し理解と協力を求める。

    この環境方針は、社外に対して公開する。

    2020年2月1日
    株式會社 ニデック
    環境経営責任者
    手塚 勉
    第14版


    ISO14001の認証取得


    本社と國內全ての生産拠點において、 環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証を取得しています。

    登録機関(2018年現在)
    TüV Rheinland Cert GmbH

    登録認証番號(2018年現在)
    01 104 065534


     

    (PDF/2,248KB)



    環境マネジメントシステムの適用範囲


    環境マネジメントマニュアルは、ISO 14001 の要求事項に従って、當社の EMS を確立し、実施し、維持し、継続的に改善し、環境パフォーマンスを向上させるために定める。

    【注記】 ただし、品質に関するものは、ISO 9001、ISO 13485及びQMS等、當社の品質システムに準じ、労働安全衛生に関するものは、當社の労働安全衛生システムに準じて運用する。

    當社における、環境マネジメントシステムの適用範囲は以下のとおりとし、當社の事業活動に係わる、全ての活動、製品及びサービスについて、4.3 項に従って決定する。
     なお、當社の敷地內に常駐する委託業者には適用しないが、當社に常駐している委託業者の社員等には、當社の従業員に準じた環境教育?周知?活動を実行要請する。

    (1)適用事業

    ●醫療分野
    眼科醫向け手術裝置、検査診斷裝置、電子カルテ?診療支援?ファイリングシステム、眼內レンズの設計?開発、製造、販売、修理及びサービス
    ●眼鏡機器分野
    眼鏡店向け検眼機器、測定機器、加工機の設計?開発、製造、販売、修理及びサービス
    ●コーティング分野
    光學コーティングの設計?開発、製造及び販売
    ●その他
    フラットネステスター(産業用検査機器)の製造、販売、修理及びサービス
    コンシューマー製品の設計、製造、仕入及び販売

    (2)適用組織

    當社の環境マネジメントシステム(EMS)を推進するための組織を次に示す。


     

    (3)適用事業所と業務內容

    次に示す蒲郡市內の6事業所に適用する。

    本社?拾石工場:〒443-0038 愛知県蒲郡市拾石町前浜34番地14
    ○醫療分野(製造プロセスを除く ? 製造は、浜町工場)
    眼科醫向け手術裝置、検査診斷裝置、電子カルテ?診療支援?ファイリングシステムの設計?開発、販売、修理、サービス及び眼內レンズの販売?サービス
    ○眼鏡機器分野(製造プロセスを除く ? 製造は、浜町工場)
    眼鏡店向け検眼機器?測定機器、加工機の設計?開発、販売、修理及びサービス
    拾石工場第7棟:〒443-0038 愛知県蒲郡市拾石町東浜32番地
    ○眼內レンズの開発及び製造
    浜町工場:〒443-0036 愛知県蒲郡市浜町67番地4
    ※ 浜町商品センター(蒲郡運送所有:愛知県蒲郡市浜町67番地21)を含む
    ○醫療分野機器(眼內レンズを除く)の製造、眼鏡分野機器の製造及び産業分野のフラットネステスターの製造?修理
    ○醫療分野機器の製品保管、眼鏡分野機器の製品保管及び配送手配(商品センター)
    鶴ヶ浜工場:〒443-0036 愛知県蒲郡市浜町23番地1
    ※ 鶴ヶ浜工場 第2棟(愛知県蒲郡市拾石町前浜58番地15)を含む
    ○光學コーティングの製造及び光學レンズ?光學プリズムの製造(鶴ヶ浜工場第1棟)
    ○金物部品の製造?加工(鶴ヶ浜工場 第2棟)
    注)鶴ヶ浜工場敷地內にある廃棄物集積場は、本社?拾石工場の所在組織:総務部が管理する。
    東浜工場:〒443-0036 愛知県蒲郡市浜町73番地1
    ○光學コーティングの製造
    ○コンシューマー商品の仕入及び製造
    大沢工場:〒443-0104 愛知県蒲郡市形原町大沢27番地4
    ○光學コーティングの設計?開発、製造及び販売
    ○フラットネステスター(産業用検査機器)の製造管理、販売及びサービス
    ○コンシューマー商品の設計及び販売
    ○鶴ヶ浜工場、東浜工場の 設計?開発支援業務(光學コーティング)

    環境への取り組み“トピックス”

    近年の取り組みの一部をご紹介します。

    EVカー導入

    社用車として、EVカーを一臺導入しました?,F在は、おもにお客様の送迎と企業広報用として使用しています。また、既存のガソリン車へは、全営業車両に ドライブレコーダーを設置し、安全運転、経済速度運行に努めた結果、昨年度に比べてガソリン使用量が大幅に削減されました。


     

    太陽光発電システムの導入


    當社では、太陽光発電システムを一部の工場で導入しています。 これにより社內で使用する電力の一部をまかない、余剰分は電力會社へ販売することもあります。 火力発電と比べ、石油消費量や二酸化炭素の排出量の削除が期待されます。

    導入工場


    特定事業者等のクラス分けで高評価を獲得


    當社は、経済産業省 資源エネルギー庁がおこなっている「事業者クラス分け制度」で、平成28年度に省エネ優良事業者(Sクラス)の評価を獲得しました。
    事業者クラス分け評価制度では、評価の結果として、以下(1)(2)のいずれかを満たす事業者を省エネ優良事業者としています。
    (1)定期報告書に基づき、エネルギーの使用に係る原単位(エネルギー消費原単位)又は電気需要平準化原単位の5年度間平均原単位変化が1%以上の低減であること
    (2)定期報告書に基づき、ベンチマーク指標が目指すべき水準を達成していること



    ページの先頭へ

    全黄激性性视频_韩国18禁漫画免费观看_欧美a级v片_57pao强力打造高清免费