• <xmp id="wo8ie"><xmp id="wo8ie">
  • <bdo id="wo8ie"><menu id="wo8ie"></menu></bdo>
    <div id="wo8ie"><samp id="wo8ie"></samp></div>
    <code id="wo8ie"><nav id="wo8ie"></nav></code>
  • <menu id="wo8ie"><samp id="wo8ie"></samp></menu>

    Eye & Health Care NIDEK CO., LTD.

    1. ホーム
    2. > ニュース?イベント
    3. > ニュース
    4. > JAXA宇宙探査イノベーションハブの研究提案募集に採択決定 光學コーティングによる持続可能な表面防塵の開発を目指す

    ニュース 2021年

    JAXA宇宙探査イノベーションハブの研究提案募集に採択決定 光學コーティングによる持続可能な表面防塵の開発を目指す

    2021/01/21

     當社は、國立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)宇宙探査イノベーションハブが実施した「太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏?活動領域拡大に向けたオープンイノベーションハブ」に関する研究提案募集に、アイデア型研究として採択されました。今後JAXAとの1年間の共同研究を通じて、光學コーティングによる持続可能な表面防塵の開発を目指します。

     このたび當社がJAXA宇宙探査イノベーションハブの「第6回研究提案募集(RFP)」に応募したテーマは、「持続可能な防塵または除塵性能を有する機構または表面の研究」で、121件の応募研究提案の中から選ばれた34件(アイデア型27件)のうちの1つとなりました。
     本研究提案は、宇宙空間におけるレゴリス(腳注1)や砂、ほこりの付著を防止するためのコーティングの開発、および評価方法の実現を目指すものです。


     

     天體表面の探査では、ローバー(腳注2)や探査機の表面や光學センサなどにレゴリスが付著することで探査に影響を及ぼす懸念があります。そこで本研究では、當社の光學コーティング技術を基盤としたコーティングを開発することで、持続可能な表面防塵の実現を目指します。
     本コーティングが実用化された場合、探査機等のセンサや窓材?太陽電池パネル等への利用が検討されており、安定した運用に貢獻できることが期待されます。本研究の成果は宇宙利用だけでなく、例えばディスプレイや眼鏡等へのほこりの付著、太陽光パネルへの砂の付著を長期間防止する等、日常生活においても問題を解決する新しいコーティングを提供できる可能性があります。

    (腳注1):天體表面の細かい粒子のこと。
    (腳注2):宇宙開発において地球外の天體の表面を移動し、観測するために使われる車両のこと。
    ※ 「TansaX」とは、宇宙探査イノベーションハブの愛稱です。詳細はJAXA公式Webサイトをご參照ください。https://www.ihub-tansa.jaxa.jp/


    ページの先頭へ

    全黄激性性视频_韩国18禁漫画免费观看_欧美a级v片_57pao强力打造高清免费